本文へスキップ

クリーニング屋さんが作った家庭用・簡易酵素しみぬきキット"洗濯戦隊・つけおき酵素マン"

酵素しみぬきをもっと簡単に‼

安全・安心‼たんぱく汚れへの救世主‼


基本的な使用方法

1.洗濯物と40℃程度のお湯400mlに対して本品1プッシュを密閉できる容器に入れます。

2.容器の蓋をしっかり閉め、全体が混ざるように軽く振ります。

3.40℃程度のお湯を張った洗面台や洗面器などに容器ごと浸け、30分ほど保温し、漬け置きをします。
 ※保温はお風呂の残り湯などでも可能ですが、入浴中や入浴前のご使用は液漏れによる肌荒れの可能性もあり、
  お勧めいたしておりません。

4.漬け置き後は容器内の洗浄水を捨て、通常のお洗濯を行います。
 ※汚れが強い場合は軽く揉んでください。

しゃかしゃかボトルセット付属のマスク用ボトルをご使用の場合


1.マスク(1~5枚を目安)と40℃程度のお湯400mlと本品1プッシュをボトルに入れます。

2.ボトルの蓋をしっかり閉め、全体が混ざるように軽く振ります。

3.40℃程度のお湯を張った洗面台や洗面器などにボトルごと浸け、30分ほど保温し、漬け置きをします。
 ※保温はお風呂の残り湯などでも可能ですが、入浴中や入浴前のご使用は液漏れによる肌荒れの可能性もあり、
  お勧めいたしておりません。

4.漬け置き後はボトル内の洗浄水を捨て、通常のお洗濯を行います。
 ※汚れが強い場合は、手袋等を装着の上、軽く揉んでからお洗濯をしてください。

しゃかしゃかボトルセット付属のマスク用ボトルでお洗濯まで完結させる場合

”マスクのつけおき酵素マン”には洗剤成分(界面活性剤)が多く含まれており、
ボトルを振ることでボトル内に水流が生じ、優しい揉み洗いができます。

1.「洗濯」
漬け置きが終わったら、そのまま10秒ほどボトルをシェイクして水流で揉み洗いをします。
 ※ボトルの蓋がしっかり閉っていることを、必ず確認してください。
 ※漂白剤・重曹などは使用しないで下さい。液が吹きこぼれます。

2.「すすぎ」
ボトル内の液を捨て、水を入れ替えてから再度ボトルを振り、しっかりすすぎます。
 ※すすぎは少なくとも2回は繰り返してください。

3.「脱水」
繊維の目が開かないように軽く水気を切ります。
最後に乾いた清潔なタオル等で挟み、優しく押して脱水します。

4.「乾燥」
形を整えて干します。

ワンポイント&活用法

●マスクには柔軟剤よりも「クエン酸」がオススメ‼
柔軟剤は意外にもお肌に高刺激なのをご存知ですか?
特に直接お顔に触れるマスクは柔軟剤を使用することで肌荒れの原因にもなりかねません。
柔軟剤は繊維をコーティングすることで布製品を柔らかくするのに対し、
クエン酸は石鹸カスや洗剤残りを除去し、ごわつきをなくすことで布製品を柔らかく保ちます。
使用方法はすすぎ1回目のタイミングでクエン酸を入れます。
400mlほどの容器ではひとつまみ程度のクエン酸でOKです。たくさん入れ過ぎないようにしましょう。

●頑固なメイク汚れには食器用中性洗剤をプラス‼
頑固なメイク汚れは通常のお洗濯では落ちない場合も…。
ファンデーションや口紅などのメイク汚れは油汚れです。
油汚れを良く落とす食器用洗剤はメイク汚れを落とすのに最適です。
浸け込む前にメイク汚れに食器用洗剤をなじませ軽く揉んでおくと、メイク汚れの落ちがアップします。

●洗剤は多く入れても効果は変わりません‼
汚れ落ちを気にして、ついつい洗剤の量を多めに入れたりしていませんか?
洗剤は適切な濃度で働くように出来ており、本製品も量が多ければ酵素が良く働く…なんてことはありません。
洗剤の量が増えると洗剤残りなどのリスクも増すため、必ず用量をお守りください。

●マスク以外の活用法
本製品はマスク以外にもご使用頂けます。
離乳食や乳製品の落ちにくいスタイなどのベビー用品、経血やおりものなどに困る下着類、
意外にも垢や角質などが蓄積する靴下など、身近なタンパク質汚れに是非ご活用ください‼
また、密閉容器にはタッパーなどの容器、食品用フリーザーバッグなどの密封できる袋もご活用いただけますので、
ご使用の用途に合わせてご活用ください。
 ※ウールやシルクなど、動物性繊維の製品には使用しないでください。
 ※水洗いできないものには使用できません。洗濯表示をよくお読みの上、ご使用ください。

バナースペース

企画・販売元 有限会社泉屋

〒812-0046
福岡市博多区吉塚本町7-9

TEL 092-982-8180